Freaky StyleyからでDr.西村、Ba.藤田、Gt.小野が12/22で脱退 バンドは継続

Freaky Styleyから西村(Dr.)、藤田(Ba.)、小野(Gt.)の3名が、12/22(日)のツアーファイナルをもってバンドを脱退することを発表した。

現在、Anomaly Tour2019の最中で、12/22(日)にファイナルを控えた中での今回の脱退。脱退理由について、同ツアーはもともとバンド解散を前提に始まったツアーだったこと、喧嘩別れやトラブルなどでなくメンバー同士「今の四人で出来ることは、もうやったよな」と感じていたこと、しかしVo.宮城のみ活動を続けるに至った経緯など彼らの公式サイトにて綴られている。

Freaky Styley OFFCIAL SITE
https://artist.aremond.net/fs/topics/detail/index/39245

現体制ラストライブとなるツアーファイナルは、12/22 札幌SPiCEにて行なわれる。チケットは下記より。
https://eplus.jp/sf/detail/3161190001-P0030001

Dr 西村
まずは急なお知らせになってしまったこと、それまでに嘘をつくことになってしまったこと、直接報告を事前にできなかった皆様、本当に申し訳ありません。
Freaky Styleyは201912/22のライブをもってVo宮城以外の3人が脱退します。

自分は2017年にドラムとして誘ってもらい途中加入でしたが、この約3年間はあっという間に過ぎ本当に充実してしました。
数え切れない方々の支えでこのバンドを続けられ、多くのステージに立てたこと、たくさんの仲間に出会え繋がれたことを誇りに思いますし人生においての宝です。
応援して下さっていた皆様にとって悲しいお知らせとなってしまうかもしれませんが、メンバーそれぞれが次のステップに進む為に考え決断した結果です。
Freaky Styleyは新体制で続いていくし、今までみんなで作り上げた楽曲や思いは存在し続けます。
来年からは全員がそれぞれの道を歩んでいくことになりますが、温かく見守って頂けると嬉しいです。
自分はこのバンドで得た技術や、繋がり、学んできた事を今後の人生に役立て更に成長していきたいと思います。
もちろん音楽は辞めません。ドラムという楽器と自分ともっと向き合い人間性を高めていきます。
今後はレッスンやドラムサポートもしていく予定なので、もしまたライブハウスやどこかでお会いした時は声を掛けて頂けると嬉しいです。

12/22に思いを込めてFreaky Styleyを全力で叩くので是非遊びに来てください。
今まで支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願い致します!
Dr 西村 一晟

P.S. お酒には溺れませんのでご安心ください。

Ba 藤田
突然の発表で申し訳ありません。
発表の通り私、藤田 貢は2019年12月22日に札幌SPiCEにHANABOBI、ジャスパーと共に行うダブルツアーファイナルにてFreaky Styleyを脱退する事となりました。

バンドで一緒に戦った仲間やお世話になったライブハウス、いつも応援してくれているファンの方々、これから出会う筈だった貴方、本当にごめんなさい、そして本当にありがとうございました。
画面越しではなく面と向かって直接自分の声で報告したかった、悔しい。

最後まで僕は僕の信じたバンドマンでいたいからいつも通りステージから発信します。
ツアーファイナルどうか足を運んで欲しい、どうか最後までバンドとリスナーの関係で遊びましょう。

そして忘れてはいけないのはFreaky Styleyは続くと言う事。
僕は僕を、貴方は貴方を信じ続けられますように。
Bass 藤田 貢

Gt 小野
今までありがとうございました

各々が違う道に進むだけで死ぬわけじゃないし、音楽に携わっていようがいまいが生きてればどこかでまた会えるでしょう

なのでさよならとか言わないし、Freaky Styleyで生きた激動の1年間は楽しいことばっかじゃなかったしなんなら辛かった時のほうが多かったかもしれないけど限りなく人生の宝物に近い

素晴らしい景色を見させてもらいました
皆さんは素晴らしいFreaky Styley見れましたか?見せれてたらいいなあ

その目に狂いはありましたか

では12/22、ステージに向かって全力でかかってきてください
おれらも全力で向かうからね

Gt.Vo. 悠来 悠来

Vo 宮城
まず初めに、急な発表になり申し訳ございません。

本当はもっと事前に、色々な方にご報告を、と考えていたのですが、このような形でのご報告をお許しください。

理由も含め、記載させて下さい。

実は、今行っているAnomaly Tour2019。そもそもが解散を前提に始まったツアーでもあります。
音源をデジタル配信する前から、その話しは決まっていました。

なんか凄く悲しいニュースにも聞こえるかもしれませんが、それぞれがそれぞれの人生を進む為の前向きな決断でもあります。
端的に言うと「今の四人で出来ることは、もうやったよな」って感じです。
端的に言うとね。

俗に言う喧嘩別れ、とか、トラブルがあった、とか、そういうわけではありません…笑

そして、発表が遅くなった理由も多々あるのですが、一番大きな要因として
「自分だけでも続ける」
という決断を本当に最近、ギリギリになって決めた、ということです。

これはねぇ、話すと凄く長くなっちゃうんだなよなぁ…笑

でも、話すことが今の僕の責任だな、と勝手に思ってるので、直接は12/22のツアーファイナルでも話しますが、文章でも少しまとめさせて頂きますね。

もちろん、軽いノリや気持ちで「続けよう」なんて決断しちゃいないよー!

理由は多々ありますが、その中でも…

「来年また宜しくね」って約束を今回のツアーでたくさん交わしました。それを叶えたいなって、そう強く思いました。

んでもって、まだまだ闘いたいバンドがいます。

次のが一番大きい理由なのですが…。

解散を決めたその日からも、相変わらず僕の生活は音楽で溢れていました。
その中で、色々な、そして素敵なアーティストとの新しい出会いがたくさんありました。

でも、そのアーティスト達は「活動休止中」でした。

たまたまね。

その時に「あぁ、解散してなくて良かった」って思ったんです。

その時に、はっと、思わされました。

「解散してなくて良かった、かぁ…」

って。

同時に、「Freaky Styleyは僕達だけの居場所だけではなく、きっと誰かの居場所にもなっているんだろうなぁ」ってその時思ったんです。
おこがましい話しかもしれませんが、そう言えるほど、僕達は真剣に音楽を届けてきましたから。

だから、僕は僕の為に、そして誰かの居場所の為に、一人でも続けよう、って思えたんです。

勝手かもしれません。ひとりよがりかもしれません。

それでも僕はアーティストですから。
それ自体に終わりはありません。

だから、僕は続けます。
もっと自由に。もっともっと好きなように。

音楽にすがる日々から、音楽と寄り添っていく日々をこれから過ごしていきます。

まぁ、とりあえずはツアーファイナルで!

最後に、ありがとう、と、宜しく、を。

Freaky Styley
宮城 圭一郎

あ、いっせい、こう、ハルキ。
そして、ゆずりにマコ。
お前らは最高だ。
こんな俺と一緒に音楽してくれてありがとう。
お前らの居場所も大事に守っていくね。
お前らとの日々は死んでも忘れないだろうなぁ。
以上!

by
関連記事